2017年10月13日

オーダーメイドやリフォームの紹介

昨日はとても暖かく綺麗な秋空が広がっていましたが、今日はぐんと気温が下がりとても涼しいですね。

今日は過去の作品を紹介したいと思います。

18金とプラチナの10角形のリングです
DSCN5759.JPG

エメラルドとダイヤのペンダントです
DSCN5952.JPG

純プラチナのサイズ調整可能なリングです
DSCN6138.JPG

純金のサイズ調整可能なリングです
DSCN5643.JPG

エメラルドとダイヤのリングです
DSCN6916.JPG

プラチナのダイヤのリングです
DSCN7475.JPG

18金のイエローサファイヤのピアスです
DSCN7643.JPG

18金のイエローサファイヤのリングです
DSCN7649.JPG

純金のアンモライトのペンダントです
DSCN8088.JPG

18金ピンクゴールドの誕生石リングです
DSCN9705.JPG

18金のエメラルドとルビーなどを使ったタイタックです
DSCN9797.JPG

プラチナのペアリングです
DSCN1073.JPG

ブラックパールのペンダントです
DSCN2251.JPG

プラチナのダイヤのリングです
DSCN1621.JPG

18金の文字入りプレートペンダントです
DSCN2433.JPG

18金の梵字入り印台リングです
DSCN3036.JPG

他にもさくさんの作品がありますので、また載せていきたいとおもいます。

佐々木貴金属工芸では、オーダーメイドやリフォームの他にも修理なども承っております。



posted by 二代目の嫁 at 10:32 | Comment(0) | オーダーメイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
HP001.jpg

2014年11月13日

ベルトのバックル

男性からお問い合わせがだんだん増えて来ました。
サンプル(見本)として造ったシルバーのバックルを紹介します

DSCN8434.JPG
DSCN8436.JPG
DSCN8437.JPG
こちらは約50g
表面に龍の彫りが入っています。

DSCN8438.JPG
DSCN8440.JPG
こちらは約53g
馬を浮き上がらせています。

DSCN8442.JPG
DSCN8444.JPG
こちらは約50g
表面に龍の彫り。 そして彫った部分を色付けして分りやすくしてあります。

3点とも表面はツヤ消し仕上げですが、荒らしや凹凸など違いがあります。
サイズは板厚が1.5mmで 38mm×55mm

実際に18金で同じ物を造る場合は1.5倍の80g前後、
プラチナや純金の場合は100g前後になると思います。

サンプルは裏の金具はネジ式になっていますがお好みに合わせ変えて造れます。

全面鏡面や石入り、図柄彫り、その他様々なご要望に合わせお造りします。
posted by 二代目 at 17:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | オーダーメイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
HP001.jpg

2010年12月09日

オーダーメイド婚約指輪の紹介

以前にオーダーメイドで造った婚約指輪の紹介をします。


オーダーメイド婚約指輪01.JPG

こちらはPT900で造りました。

お客様と色々なカタログ等を参考に打ち合わせをし、

気に入った物をお客様の好みに合うように変更を加えました。

腕の先端がハートに見えるのが特徴です。

そのハートを大きく幅広く、ダイヤを引き立てるようにしました。

中央のダイヤより大きくすると意味が無いのでダイヤに合わせて手造りで製作しました。


オーダーメイド婚約指輪02.JPG

真上から見ると良く判ると思います。

ダイヤの大きさと同じ幅のハートがきれいに光っています。




好みに合う物が欲しい方にはオーダーメイドがお勧めですわーい(嬉しい顔)

佐々木貴金属工芸のオーダーメイドのページはこちら
オーダーメイド 佐々木貴金属工芸
posted by 二代目 at 10:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | オーダーメイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
HP001.jpg

2010年11月30日

オーダーメイドの純金のベルトのバックル

以前にオーダーメイドで造った純金のベルトのバックルを紹介します。

同業者の友人から依頼を受けて造りました。

純金バックル 200g01.JPG

とても重量感のあるバックルです。

なぜなら表のプレートの部分だけで200gもあるんです。

この品物も結構造るのに手間が掛かりました。

純金バックル 200g02.JPG

このバックルの金具は強度をもたせる為に18金で造りました。

ベルトの交換がしやすいように蝶番式の金具になっています。

この金具も全て手作業で製作したのですが、かなり大変でした。

純金バックル 200g03.JPG

裏面にはお客様の名前を入れたので、写真のそこの部分は黒線で消しました。

純金と18金を合体(接合)させるのは大変です。


本体の純金のプレートが大き過ぎて、
長い時間バーナーで炙ってもなかなかローが流れてくれません。

18金のパーツが溶けてしまう恐怖を感じながら作業しました。


また、仕上げにおいても今回の様な板状の純金は非常に大変です。

波打たせず、ざらつかせず、つるつるのピカピカにさせるには根気が必要です。


お客様が喜んでくれたので苦労も報われますわーい(嬉しい顔)


佐々木貴金属工芸のオーダーメイドのページはこちら
オーダーメイド 佐々木貴金属工芸
posted by 二代目 at 11:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | オーダーメイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
HP001.jpg

2010年10月25日

オーダーメイドで造ったベルトのバックル

以前に造ったオーダーメイドの作品を紹介します。


18金バックル 鷹06.JPG

なんだか判りますか?

18金バックル 鷹10.JPG

18金で造ったベルトのバックルです。

鷹をモチーフにして立体的に造りました。

目の部分にはルビーを入れてあります。

またバックルの外枠にはぐるっと一周ダイヤを入れました。

18金バックル 鷹02.JPG

ベルトは裏側に通るようになっています。


こちらの品物は出来上がるまでに2ヶ月位掛かりました。

鳥が好きだというお客様のイメージを聞いてまずはワックスで全面の鳥の頭を造りました
18金バックル 鷹07.JPG
18金バックル 鷹08.JPG


リアルで少し怖いくらいの迫力があります。

右向き左向き、どちらでも使えるように左右対称で造りお客様に見てもらいました。

最初から半身で造るよりもバランスを見やすいのでお勧めです。

何度か手直しをしてから片面を切り18金で造った枠に合わせます。
均等に半分にしたのではなく、斜めに切ったので反対側はもう使えません。
18金バックル 鷹09.JPG

更に手直しを加え18金でキャスト(鋳造)しました。

裏の金具は18金の板から造り合体させます。

市販のバックルは蝶番式がほとんどですが、このバックルはねじ式になっています。

バックルのねじの位置に合わせベルトに穴を開けねじを閉めて固定します。
更にねじが緩まないように接着剤をねじ穴に入れます。
18金バックル 鷹05.JPG

裏は3〜4箇所のねじで固定するようになっています。

付け替えの際は大変手間が掛かりますが使っていて抜けたりする事はありません。
18金バックル 鷹03.JPG

完成したバックルをお客様が大変喜んでくれたので良かったです。

後日、使うのがもったいないと言われ普段使い用にもう一つ別のバックルをオーダーしてくれました。

それはまたの機会に紹介します。


佐々木貴金属工芸のオーダーメイドのページはこちら
オーダーメイド 佐々木貴金属工芸

posted by 二代目 at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | オーダーメイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
HP001.jpg

2010年10月07日

イニシャル入り真珠のタイタックをオーダーメイド

以前に造ったオーダーメイドの品を紹介します。


プラチナで造った真珠のイニシャル入りのタイタックです。



プラチナ真珠のタイタック01.JPG

PT900で本体を造り中央にパールを配置してます。

照りのあってキズの無い綺麗なパールですね。

左右にはイニシャルを入れました。TとAです。

板から造ったイニシャルの部分には荒し加工をし、引き立つようにしました。

周りには唐草を入れ重くならない様にバランスをとっています。

プラチナ真珠のタイタック02.JPG

本体と金具、金具とボタンカンをチェーンでつないであります。

ボタンカンをボタンに引っ掛けることでネクタイがあちこち動きまわらなくなります。

それに無くなる心配がありませんので安心して使えます。

この品物も先代の親父が造った物です。
また少しずつ紹介していきたいと思います。


佐々木貴金属工芸のオーダーメイドのページはこちら
オーダーメイド 佐々木貴金属工芸
posted by 二代目 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | オーダーメイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
HP001.jpg

2010年09月06日

オーダーメイドで造ったタイタック

以前にオーダーメイドで造ったタイタックを紹介します。

大きなパールを使いプラチナで造りました。

プラチナ,パールタイタック

正面から見た感じです。

真珠の大きさが良くわかると思います。

この品物はプラチナを全面に使用しています。
本体はもちろん、うしろの針やチェーンもプラチナを使用しています。
ボタンに引っ掛けるボタンカンもプラチナで手造りしてあります。

PT900パールタイタック

横から見ると立体感が良く判ると思います。

パールが大きいのでその分だけ高さが必要になります。

裏側もご覧ください

パールプラチナタイタック

針は鉛筆の様にまっすぐに尖らせるのではなく、なめらかに尖らせます。
判りづらい表現ですが写真を良く見てもらえればなんとなく判ってもらえると思います。

オーダーメイド 佐々木貴金属工芸
posted by 二代目 at 11:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | オーダーメイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
HP001.jpg